なぜ落ちる?採用面接不合格が続く場合のクイックチェック4項目

全国的に緊急事態宣言も解除され、企業の採用活動も徐々に再開し始めてくる中で面接を受ける機会が多い方もいると思います。

私のブログでも「合格フラグ」に関する記事の閲覧数があがっておりまして、結果が気になる方が多くなってきたなぁと実感しています。

さて、今回は今現在面接を受け続けていますが、

  • 「なぜか面接が通過できない」
  • 「不合格の理由がわからない」
  • 「最終面接で不採用になる」

などで苦戦されてる方に急ぎチェックして欲しい4項目を提示します。

  1. 話が長い
  2. 面接官の質問の意図を理解していない
  3. やる気が感じられない
  4. 退職理由に納得性がない ※4は主に転職者向け

書類選考を通過している以上、内定まで到達できない原因は面接の中のどこかに必ずあるはずです。

面接は相対評価なので、もし他の応募者の方が優れていれば合格に至らない場合もありますが、ご自身のレベルを底上げしておけば通過する確率も上がります。

それでは早速詳しく見ていきましょう。

画像2
スポンサーリンク

チェックポイント1:話が長い

「話が長い」と一度でも言われたことがある方。話が長いのは不合格理由として結構多いパターンです。

面接本などでは「結論から話すこと」と書いてありますが、分かっていても難しいですよね(笑)

自分自身も元々話が長い方で、長年の業務を通じて今ではだいぶ改善されましたが、新卒の時などの面接では非常に苦労しました。

一つ考えられる事として、「はい」「いいえ」の結論の前に余計な前置きがついてしまう事はないでしょうか?

面接官
面接官

退職理由を教えてください。

応募者
応募者

「まず前提を。実はうちの会社は〇〇な背景がありまして・・・(長々と説明)」

面接官
面接官

「退職理由」と聞いているのだが、いつ出てくるんだろう。。シンプルに話してほしいな。。

面接官
面接官

退職理由を教えてください。

応募者
応募者

「退職理由は〇〇です。」(シンプルに)

面接官
面接官

「それは具体的にはどういうことですか?」

応募者
応募者

「実はうちの会社は〇〇な背景がありまして・・・(聞かれたら答える)」

このBadの事例のように結論の前に余計な前置きから始まってしまったりすることはないでしょうか?

実際のところ、ご自身で話が長いと自覚していない場合も多いです。

こちらが答えている間の面接官の表情などはどうでしょうか?

口には出さないまでも何となくイライラしているような表情やしぐさは出ていないでしょうか?

また、緊張して頭が真っ白になる人もいると思います。

本番に弱い方は事前準備を分厚くしておくことで対等に戦えます

  • 聞かれそうな質問に対して自分の答えを紙に書き出す。
  • 実際に口に出して話してみる。
  • 時間を計ってみる。

暗記するほど覚えれば、緊張状態でもだいぶマシになると思います。

他に「ちょっと考えてもいいでしょうか?」と面接官に伝えて、記憶を引き出す時間を確保するのも手です。

多少記憶を引き出す時間がかかっても、ダラダラ纏まらない話をするより全然マシです。

そのためには苦手な人ほど事前に考えておく、準備しておくことが必須です。

その場で考えて即興で簡潔に纏めて話すことは難易度が高いですし、それができる方はおそらくこの項は読んでいないでしょう。

エレベータートークの話もあるように、職場では忙しい上司に報告する際、端的に結論から話すことが求められると思います。

面接も一緒です。これができないと報連相がきちんとできるのかな?コミュニケーション力は大丈夫かな?と思われてしまいます。

(内容が伴っているかは一旦置いておいて)できる方は本当に即興でうまく話します。この差は結構大きいですよ。

端的な答えを反射的に答えられるレベルまで反復練習を徹底しましょう。それでほぼ互角です。

転職者向けに別記事で自己紹介の簡潔な纏め方について書いています。併せてご覧ください。

画像3

チェックポイント2:相手の質問の意図を理解していない

「あなたの信念は何ですか?」

「あなたの長所・短所を教えてください」

こういう質問があったときにどのように答えていますか?

「面接官はなぜそういう質問をしてくるのだろうか?」と考えてから答えていますか?

例えば短所を聞かれたら、ただその短所を話すだけでなく、

「その短所をどのようにカバーしているのか?」といった考え方や意識を聞きたいのです。

「自分の短所を自覚して改善する意識がある」→実際の業務でも活かしてくれそう。

このように自分が答えたい事だけを伝えるのではなく、相手から何を求められているのかを汲み取って回答する事を意識してみましょう。

それが出来ている人とできていない人では、聞く側の面接官の腹落ち感はまるで違います。

緊張しているのは十分理解できますが、相手の気持ちを汲み取って対応できる人間だとアピールしましょう。

なお、事例であげた「信念」「長所・短所」については別記事でそれぞれ書いています。興味がある方はご覧ください。

画像4

チェックポイント3:やる気が感じられない

面接中に自分が受け答えしている時の「表情」を意識したことがありますか?

面接などで不合格が続くと自信がなくなり、面接での受け答えの際、

  • 声のトーンが低くなる。ボソボソしゃべる。
  • 表情が硬く明るさがない。自信なさげに見える。

このようになっていたりします。これも自分では気づいていないことが多いです。

私自身も以前人事部で面接官をしていた経験がありますが、表情が明るく快活な印象を受ける方は当たり前ですが好印象です。

例えカラ元気でもやる気を見せるのは大切です。

不合格が続くと「どうせ受からないんだろうな。。」と思って投げやりになる気持ちもよく分かります。

私自身も面接で連敗が続いて、毎回の面接が流れ作業のように感じていた経験もありました(企業側に時間を取ってもらっているのに失礼な話ではあるのですが)。

でもそういった負の感情は思った以上に相手に伝わってますよ。

余談ですが、米ハーバードビジネススクール(HBS)ではクラスで発言する際、

「55%しか自信がない事でも、あたかも100%確信しているかのように自信を持って話すことが評価を得るうえで大切」

という文化があると聞きます(まぁここは日本ですが)。

面接中一度でも良いので笑顔を見せる。快活に自信を持って返事をする。

自分が不調だなと感じている時こそ多少オーバーに演じて下さい。

ウソはいけませんが「自分を大きく見せる」。それぐらいの意識でちょうど良いと思います。

画像5

チェックポイント4:退職理由に納得性がない

最後は転職者向けの項目です。転職の面接での不合格理由で「退職理由に納得性がない」というのは非常に多いです。

このブログでも退職理由に関する記事は色々と書いています(家庭の事情、残業、人間関係云々。)

個別の対策については長くなるので下記にリンクしてある各記事を参照して頂きたいのですが、いずれの理由にせよ、

「退職する必然性を感じられない。簡単に会社を辞めてしまう人なのかもしれない」

「退職理由が他責的で、ウチに入ってもすぐに辞めてしまう懸念がある」

応募者が話している退職理由から上記のように受け取られているため、不合格になっていると思います。

なお当たり前ですが、転職回数が多くなるほど面接官は上記を警戒します。

いかに活躍してくれそうな人材であっても早期に辞めてしまえば意味がありません。

人材紹介会社への紹介手数料(一部返金はありますが)や関わった人間の手間、社会保険料の折半分、研修費用など全てがパーです。

当然慎重になります。採用する側にも責任があるのです。

この懸念を覆すため、「転職するのもやむを得ない」と誰もが納得できるように伝える事が必要です。

特に「他責的=(職場のせい、上司のせいなど環境のせいにしている)」は要注意です。自覚がなくともそのように伝わっている可能性があります。

今面接で伝えている退職理由を誰か相談できる家族、信頼できる友人がいれば話してみて、フィードバックをもらいましょう。

なお、現職の同僚など職場の人には自分が転職活動していることを話すべきではありません(どこで漏れるかわかりません)。

  • 退職する必然性はあるか?(やむを得ないと思えるか?)
  • 他責的になってないか?

本記事は以上です。

落ちた理由が分からないまま面接を受け続ければ、当然結果も出ないため不安ですし、ストレスも溜まると思います。

本記事で参考にできるものがあれば意識して取り組んでみて下さい。

また、退職理由の答え方や様々な質問への回答方法について下記に関連記事のリンクを貼っておりますので、ご興味があればご覧下さい。

そのうえで、記事にはない質問への対処方法や応募書類の書き方、その他ご自身のキャリアについてなど個別にご相談をお受けする場を設けております

転職相談はスキルマーケット「ココナラ」内のトークルームより承ります。

当サービスではセキュリティが確保された環境のトークルーム内で安心してやりとりできます。有料とはなりますが、よろしければこちらもご検討よろしくお願いいたします。

※ご利用に際しては「ココナラ」の会員登録が必要になります。

人事経験者が貴方の転職活動を戦略的にサポートします ~20代~40代可。テキストなので対面が苦手な方も安心です~

ご利用者様の転職成功に向けて一緒に精一杯考えますので、是非ご利用をお待ちしております!

当方プロフィールはこちら

タイトルとURLをコピーしました