【転職】退職を伝えるのが怖い人へ。読んで安心!円満退職!

スポンサーリンク

退職を伝えるのが怖いのはあなただけではありません!

画像

こんにちは。転職活動で晴れて内定が出て喜んだのも束の間、次は現職に退職する旨を伝えなければなりません。

  • 「上司に退職する事を伝えるのが怖い」
  • 「なんか悪い気がしてきた」

とてもよくわかります。この気持ち。

今まで「こんな会社絶対辞めてやる!」と思って転職活動をしていたのに、いざ決まると何故か躊躇する気持ちが出てくるんですよね。。

私自身も以前4回転職していますが、この「退職の意向を上司に伝えること」ばかりは何度やっても慣れません。多分永遠に慣れる事はなさそうです。

つまり、「退職を伝えるのが怖い」というのは貴方だけではないという事です。そこは皆一緒です。私も「上司が仕事に追われて大変そうなので、今日はやめとこうかな・・」と思ってやり過ごした日も何度かありました。

でも必ずどこかで勇気を出して伝えないといけないですよね!

  • 「上司が忙しそうだから」
  • 「周囲が忙しそうだから」

この局面では、(気持ちはわかりますが)こうした忖度はもはや不要です。いずれにせよ貴方は会社を辞めて別の所へ行くのです。こうなれば少しでも早く退職の意向を伝えて、後任の決定や引継ぎなどを円滑にする方が企業のためでもあります。

私の場合は、「〇月〇日までには何があっても退職の申出行う」と先に目標を決めてしまい、自分を追い込んで実行しました。おススメですよ!

さて、本題ですが、今回は現職を円満に退職する事を目指す方向けに、以下の章立てでお伝えしたいと思います。

  • 円満に退職するための退職理由の伝え方(メイン)
  • 退職に関する基本的なルールを確認(サブ)

本記事は、ご自身で上司に退職の意思表示をして、普通に円満退職を目指す事を目的とした基本的な内容です。「退職代行サービスの利用」や「退職を巡る企業とのトラブル対処」等については触れておりません。労働基準監督署、弁護士等、しかるべき専門機関にご相談下さい。

円満に退職するための退職理由の伝え方

画像

「お話があります、少しお時間よろしいでしょうか?」と上司に声をかけ、2人きりで対座した時の「上司もうすうす感じ取ってるんだろうな」的な微妙な空気感。

このまるで面接のような緊張感の中、いよいよ上司に退職の意向を伝えて、無事了承してもらう事になります。

ここでまず伝えるべきは「〇月〇日をもって退職させていただきたいと考えております」は当然として、その理由です。退職理由を伝える際には注意が必要です。

上司に伝える退職理由で一番避けるべきなのは、会社への不満です。例えば以下のような理由です。

言わない方が良い退職理由
  • 給与が安い
  • 残業が多い
  • 評価が低い
  • 人間関係がうまく行かない

上記が仮に事実だとしても、こうした理由を伝えられた上司は当然良い気持ちにはなりません。

「立つ鳥跡を濁さず」という格言もあるように、できれば円満に退職したいですし、こうした不満を伝えると逆に引き止めに合う場合もあります

例えば「給与が不満なら少し改善するよ」「配置換えを検討するから」などです。上司としても以下のような思惑もあり、引き止めに動くことは十分にあり得ます。

上司の心の中(例)
  • 今誰かに抜けられると目の前の業務がまわらなくなる。
  • 新たに誰かを採用してイチから教育するのが大変。
  • 自部署から退職者を出したことによる”自分自身”の評価が心配。

もしそれでグラついて会社に残ったとしても、「一旦は退職を切り出した人」というレッテルを貼られた状態では、その会社での将来はなかなかしんどいものがありますよね。

ではどういう伝え方をすればスパッと辞められるのか?」を以下に2つほど例示します。

例1 キャリアアップのため
  • 自分のキャリアを考えたときに、今後は〇〇の仕事をしたいと考えている。今の会社ではそれができないので転職する事に決めました。

上記のように自分のキャリアを軸にして「それが今の会社ではできないから転職する」というならば、余計な角も立ちません。本人がそう決意している以上、引き止めようがないですよね。

例2 家庭の事情
  • 現在両親の介護を妻と協力してやっています。妻の負担が大きいので、今後はもう少し勤務地が自宅から近い所に就職してやっていきたいと考えております。

この家庭の事情の場合も、会社への不満ではなく個々の事情によるものですので、会社としては「それなら仕方ないね」と言わざるを得ません。

上記は一例です。基本的には転職先の面接で退職理由を伝えたときのように、「それなら退職もやむをえないな」と素直に諦めてもらえるように伝えるべきです。

さらに次が決まっている方は、以下もきちんと伝えましょう。

+ダメ押し
  • 次の会社が既に決まっており、〇月〇日から入社する事が決まっております。
上司の心境
上司の心境

「やむを得ない理由だし、次も決まっている。残念だがもうウチに未練もないだろうし、これ以上引き止めても無駄だな」

個々の状況に応じて「無理のない」「やむを得ない」退職理由を伝えて、「一撃で」かつ「後腐れなく」退職する事を目指しましょう。

参考:「退職届」の提出

事務書類としての「退職届」は、上記のように「上司に口頭で退職の了承を得た」又は「退職願が受理された」等、退職日も含めて会社側と合意できたタイミングで必ず提出しましょう(後で「言った言わない」を避けるため)。※「退職願」と「退職届」は厳密には違う書類ですが、本記事では説明を割愛します。また、会社側に退職の意向が一旦承諾されると、撤回するのが難しくなる場合がありますので、会社側に退職の意向を伝える際は慎重に

タイトルとURLをコピーしました