【決定版】辞めてからの転職は不利?失敗を最小限にするための5つの留意点

スポンサーリンク

【留意点3】失敗を最小限にするのは、辞めるまでの事前準備にあり!?

画像3

以下「辞めてからの転職は不利?失敗を最小限にするための5つの留意点」の後半部分です。

転職活動の経験がある方ならばご存知と思いますが、一般的に転職活動は就職先の決定までにある程度時間がかかります。3か月なのか半年なのか、あるいはそれ以上なのか?

まずは転職エージェントに登録して面談を受ける。そして何社か紹介してもらった中から書類選考を依頼する。通過連絡を受けたら面接日程の調整・・といった感じで、最初の面接を受けるまでに1か月近く軽くかかってしまう場合もザラです。

そして、面接を受けた後も面接結果が中々来ない事に悩まされます。ただ待つだけで月日が過ぎていく事に焦りも覚えます。

何を言いたいかというと、

本項のポイント

現職を辞めてから転職活動をするつもりならば、辞めてから無駄な時間を浪費することなく、すぐにスタートダッシュが切れるように、以下の準備を退職前に最低限終わらせておく事をオススメします。

  • 転職サイト・転職エージェントの登録
  • 履歴書・職務経歴書の作成
  • 前項で述べた退職理由などの面接対策

更に言うと、多少無理してでも離職前に1~2社どこかの面接を受けておくぐらいがベストです。履歴書や職務経歴書をまとめたり、転職エージェントとの面談などを通じて、

  • 「どうやら転職できそうだ」
  • 「少し時期尚早かもしれない」

といった感触を掴む事も可能ですし、結果として「現職でもう少し頑張ってみよう」となるかもしれません。それはそれで結果オーライです。更に、どこかの企業を応募して面接を受けたならば、面接官の反応や面接結果からも「自分の可能性」を推し量れると思います。

その結果「どうも今の状況では早期の転職先決定は難しそうだ」となっても、退職を切り出してからではもう遅いです。

すぐにでも辞めたくて仕方ない気持ちは理解できます。しかし、(大変かもしれませんが)退職前にできるだけの事前準備を終わらせる事で、辞めてから闇雲に活動するよりも「いつまでも決まらないリスク」を少しでも減らすことが出来ると思います。

となればまずは行動ですね!転職サイト、転職エージェントをどうするか?基本になるのはやはり大手のリクルートです。どこに登録するか迷うぐらいなら以下からすぐに登録しましょう。

リクルートエージェント

ご利用は無料です。ご登録はコチラから↑

  • 転職支援実績NO.1!※
  • 一般公開している求人の他、10万件以上の非公開求人あり!(2020年8月時点)
  • 業界、職種ごとに実績豊富なキャリアアドバイザーが多数在籍。貴方の転職をサポート!
  • 全国19か所に拠点あり、地方エリアでの就職、Uターン、Iターンにも対応!

※厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点

リクナビNEXT会員登録

\毎週2.6万人以上が新規登録/
実際に転職した人の約8割がリクナビNEXTを利用しています。

<こんな人におススメ!>

  • どの転職サイトを使うか迷っている。
  • すでに転職活動を進めている。
  • 転職を考えているが、何から始めたら良いかわからない。

また、以下は転職エージェントの利用に関しての記事です。初めて転職エージェントを利用する方は押さえておいた方が良い内容です。よろしければご覧ください。

【留意点4】辞めてからの転職活動は意外とお金がかかる!

画像

経験のある方なら実感できるかと思いますが、現職を辞めてからの転職活動は意外とお金がかかります

首都圏の方ならば、あちこち面接を受けに行く際に電車を使うことが多いと思いますが、これまでのように定期券は使えません。私も退職後に転職活動をして電車代が地味に痛い事を痛感しました。

この他にも、例えば面接場所に早く着いてしまったので、時間を潰すためにビル下の喫茶店に寄ったり、履歴書に貼る証明写真なども枚数がかさめば地味にお金がかかります。定期的に髪を整えたり、人によってはスーツを新調したり、といった身だしなみも印象アップのためには最低限必要ですよね。

今回主に取り上げている”自己都合退職”の場合、先述の通りハローワークの失業手当がもらえるのは退職後およそ3か月後です。収入がない以上、予想外の出費は精神が削られます。考えられるものは予め必要経費として予算化しておきましょう。

そして本項で言いたい事は、

本項のポイント

「貰える予定の失業手当、ご自身の貯蓄を合わせた運転資金でどの程度の期間ならば無収入でも転職活動を継続できるのか?」をある程度細かく想定しておく事をオススメします。少なくとも半年程度は無収入でも耐えられるぐらいの余裕が欲しいところです。

「半年」と書きましたが、これは貯蓄額や仮にご家庭があってパートナーに収入があるか否か等でも変わってくると思いますので、本当に人それぞれだと思います。

ただし、仮に1年以上といった長期のブランクが出来てしまうと、面接そのもので不利になってしまう可能性も出てくるので注意が必要です「3か月~半年以内には必ず決着する」という覚悟と十分な事前準備を持って臨みましょう。

また、退職後の社会保険料について別記事に書いています。主に会社都合など、非自発的な事由で退職された方向けの記事ですが、ご参考まで。

【留意点5】辞めてからの転職で一番怖いのは、”安易に妥協してしまう事”

画像

最後5つ目の留意点です。辞めてからの転職活動でもう一つ怖い事として、「転職活動が長引いて決まらない焦りから、妥協して本来の希望とは異なる会社を選択してしまう事」があります。

辞めてからの転職活動は常に不安との戦いでもあります。

辞めてからの転職活動中の不安あるある
  • 応募したいと思える求人が全然出てこない。
  • 選考結果を待つ時間が非常に長く感じる(それしか考える事がないから?)。
  • せっかく最終面接まで行ったのに不合格。また”ゼロからスタート”の繰り返し。
  • 貯金がどんどん減ってくる恐怖。

こうした不安を抱えながら日々を送る覚悟が必要です。そしてこの不安はブランクが長期化するほど大きくなります。転職エージェントも長期化している(=中々決まらない)人に対しては求人を紹介して来なくなります。

こうして「中々決まらない」「選択肢も限られてくる」という状況が長く続くと、「もうここでいいや、この次が決まる保証もないし」と妥協して転職活動を終わらせたくなってきます。

そして例えばですが、元々残業時間が多いのが不満で退職したつもりが、結局残業の多い会社しか選択肢がなく、そこで手を打ってしまったりという「自分でもよくわからない判断をしてしまう」事が起きたりします。しかし、これでは本末転倒ですよね。安易な妥協は更なる地獄の始まりかもしれません。

本項を一言で纏めると、「辞めてからの転職活動が長期化すると何も良い事はありません」に尽きるのですが、もし仮に長期化してしまった場合は、以下のような点を再度点検してみて下さい。

本項のポイント
  • 「決まらない理由は何か?」を再度冷静に考えてみましょう。決まらない理由としては、「面接での対応がうまくいっていない」「応募企業を高望みしすぎている」などが考えられます。
  • 「仕事内容」や「勤務条件」等で絶対に譲れないもの、妥協しても良いものの整理と優先順位づけを再度行いましょう。

先ほど安易な妥協はするべきではないと書きましたが、現実的には限られた選択肢の中から選ばざるを得ない状況かもしれません。その中でも妥協できる条件と絶対に妥協できない条件があるはずです。

これらを考える上で、役立つと思われる記事のリンクを貼っておきますので、詳しくはそれぞれの記事をご覧下さい。

【転職】内定承諾するか迷う!~後で後悔しないために~
転職活動で「内定承諾するか迷う」事はよくあることです。本記事ではこうした心理状況でも冷静に判断するための「内定承諾に迷った際の4つの問いかけ」ついてご紹介します。現在転職活動中で内定を承諾するか迷っている方、是非ご一読下さい!
【転職】真・ブラック企業の見分け方~あるある6要件~
「応募企業がブラック企業か否かをどこで見極めれば良いのか?」について、6つの観点でご紹介します。
【転職】なぜ落ちる?面接不合格になる理由とチェックすべき4項目とは?
転職活動で「面接が通過しない」「不合格になる理由がわからない」といった悩みをお持ちの方も多いと思います。そこで「お祈り」の原因になっているかもしれない改善ポイントを独自に4つほどピックアップしました。新卒の方もどうぞ!
転職回数が多いのは不利!?を真剣に考える!【4つの改善策】
転職回数が多いほど、面接では厳しく突っ込んだ質問を受けます。「転職回数が多い=悪」と思えるほど現状は厳しいです。こうした見方はある程度仕方ないとしても、本記事ではこれを極力避けるための要件をピックアップしてみました。転職回数が多い方必見です。
「科学的な適職 4021の研究データが導き出す、最高の職業の選び方」を読んで見た。
転職ブログ記事。会社選びで後悔したことはないですか?自分自身にとってどういう職場が一番幸福度が高いのか?選んではいけないのはどういう会社か?バイアスを認知してそれを避けつつ精度の高い意思決定を行う。「科学的な適職・」という本の紹介記事です。
退職代行サービス利用にあたっての留意点、業者毎の特長とは?
退職代行サービスの利用について、退職代行サービス業者の特長や利用に際しての注意点を纏めています。

まとめ

画像5

現職を辞めてからの転職活動で、「失敗を最小限にするための5つの留意点」として書いてきました。

失敗を最小限にするための5つの留意点
  • 【留意点1】確実に不利!ネガティブ要因の掛け算は挽回が困難!?
  • 【留意点2】そもそもなぜ転職するのか?
  • 【留意点3】失敗を最小限にするのは、辞めるまでの事前準備にあり!?
  • 【留意点4】辞めてからの転職活動は意外とお金がかかる!
  • 【留意点5】辞めてからの転職で怖いのは、”安易に妥協してしまう事”

振り返ってみますと、割と現実に即したシビアな内容になったように思います。本記事を読んで「安易な離職はリスクがある」という事を知って頂きたいという思いもありました。

繰り返しますが、自分で選択できるならば、在職中に次の就職先を決めてから退職する事がやはりベストです。これは間違いありません。辞めてから転職活動に集中したとしても、希望する企業に決まる保証はどこにもありません。

しかし、それでも様々な事情で辞めてから転職活動をされる方は一定数いると思います。その際は、今回の5つの留意点を参考にしつつ、取り組んで見て下さい!

タカセ
タカセ

本記事は以上です。最後までお読みいただきありがとうございました!

本サイトは、転職活動がうまく行かず色々悩みを抱えている方向けに”ブログ記事での情報発信”及び””個別転職相談”を行っています。以下は個別転職相談のご案内です。私自身も転職では色々と失敗もしているので、こうした経験も踏まえ、少しでも読者様のお悩み解決の役に立ちたいと思っています。

当方プロフィールはコチラ

転職相談はスキルマーケット「ココナラ」内のトークルームにて承ります。トークルームはクローズドでセキュリティが確保された環境ですので、安心してご相談頂けます。転職相談の詳細は下記をご覧下さい。

人事経験者が貴方の転職活動を戦略的にサポートします ~20代~40代可。テキストなので対面が苦手な方も安心です~

※ご利用に際しては「ココナラ」の会員登録が必要になります。

ご利用者様の転職成功に向けて一緒に精一杯考えますので、是非ご利用をお待ちしております!

タイトルとURLをコピーしました