【転職】”残業時間が長い”が退職理由の場合に留意するべき3つの観点

こんにちは。

昨今の自粛モードの中で転職活動を進めていると、応募企業側もバタバタしていて中々スムーズに行かず苦労されている方も多いと思います。

逆にこういう時こそこれまでの活動の見直しや軌道修正、情報収集にじっくり時間を割いてみるというのもアリかもしれません。

それでは本題に入ります。

病気やケガ、家庭の事情などやむを得ない理由以外で転職を考える場合、たいてい以下の不満が原因である事が多いです。

  • 残業時間が長い
  • 給料が安い
  • 人間関係がきつい

これらの3つの退職理由を面接で伝える場合、そのまま伝えるのには”ためらい”を感じると思います。なぜかと言えば、

どうしてもネガティブな印象を拭えない

からだと思います。

私は以前人事部で面接担当もしていましたし、転職も何度か経験しているので「言う側」「言われる側」両方の視点があると思っています。

面接側で上記の3つの退職理由が出てくると「あ、来たな」となりますし、「より突っ込んで聞いてみなければ」と思います。

つまり応募者同様に面接官側からしてもポジティブに受け止めるのはなかなか難しいパターンです。

ではどうすれば良いのか?

ここでまずお伝えしたい前提としては、

  • これらの退職理由で好意的に受け取ってもらうのはまず難しいのでそこは予め割り切っておく事。
  • 退職理由は「まぁしょうがないか」程度に思ってもらえれば御の字で、後は経験等その他の質問で挽回する事。

このぐらいの心構えで、最低限納得してもらえる伝え方をして何とか切り抜けるというスタンスが良いと思います。

(もしポジティブに受け取ってもらったらそれはそれで「ラッキー」という事で)

そこで今回は、上記のうち「残業時間が長い」場合に留意しておくべき3つのポイントを書いてみたいと思います。

画像2
スポンサーリンク

”残業時間が長い”場合の3つの留意点

面接で”残業時間が長い”事を退職理由として伝える場合に留意して頂きたいのは以下の3点です。

  1. 客観的に見ても長いと言えるか?
  2. 応募先も残業が多い場合は使えない。
  3. 他責的にならないように注意。

1.客観的に見ても長いと言えるか?

一言に「残業時間が多い」と言っても、どのぐらいで多いと感じるかは人によっても異なります。

(月10時間でも多いという人もいれば60時間でも少ないという人もいます。感じ方の問題なのでどれも正しいです。)

ですので、面接官個人の価値観や受け止め方次第で色々な反応があることが予想されます。

既知かも知れませんが、客観的な基準の一つとして、企業が労基署に届け出ている「36(サブロク)協定」※1があります。

まずはここで定められる時間外労働時間の現在の上限である、「月45時間」を超えていること。

残業がゼロの企業の面接官と毎月60時間残業している面接官では45時間の見え方は違ってくるとは思いますが、一つの基準と言えます。

また、

「1か月で80時間」(時間外・休日労働の合計)※2

を超えている場合、 企業は労働者の申出による面接指導など労働安全衛生上の対策が必要となるため、

客観的にも「残業が多い」と言われる一つの水準になり得ると思います。

細かくは他にも色々ありますが、要はこうした基準とご自身の残業実態を照らしつつ、

「〇〇時間の残業、休日出勤が恒常的に続き、心身面でもこの先長く働いて行けるのか不安を感じて転職を決意しました」

というような回答をしていくイメージです。

これを面接官がどう受け取るかは結局面接官次第ではありますが、こうした労働法制上の各種基準は人事ならば誰もが知っている事です。

「まぁそれなら仕方ないか」と思ってもらえるか?

杓子定規にこうした基準を超えていれば良い、超えていなければNGという事ではありませんが、意識しておくだけでも随分違ってくると思います。

※1「36協定」の詳細は本記事の趣旨から外れるため割愛しています。

法改正などもあるため厚生労働省の該当ページをリンクしておきますので、そちらをご参照下さい。

なお、2020年4月からは中小企業にも36協定の上限違反の場合の罰則が適用されます(業種による猶予あり)。

※2(修正)2019年4月1日より改正(100時間⇒80時間)。改正の詳細は「厚労省リーフレット」参照。

なお、「研究開発職」は1か月100時間超で労働者の申出なしでの面接指導が義務付けられます。

画像3

2.応募先も残業が多い場合は使えない

仮に前項で述べたような基準に照らしても「客観的に残業が多い」と言えたとします。

しかし、応募企業の残業時間はどうでしょうか?

応募先の残業時間が同等かそれ以上であれば(法令違反かどうかは置いといて)、

「ウチも同じかそれ以上だけど・・・」

と言われてしまうと厳しくなってしまいます。

ですので応募先の残業時間が前職と比べて多い場合は「言わない方が無難」かと思います。

求人票の労働条件欄に「裁量労働制」「固定残業代〇〇時間」といった記載がされていれば事前にある程度は予想できますし、

転職エージェントの情報や「転職会議」「Open Work」などの口コミサイトを参考にするのも良いと思います。

そして上記を鵜呑みにせず面接の質問の場でも必ず残業時間を確認するようにして下さい

そもそも残業時間が多くて退職したいのに、残業が多い会社に転職を考える事自体が本末転倒とも言えますが、

業界・職種的に残業が多いケースや応募の選択肢がない中でそういう選択をせざるを得ない場合も十分あり得る事だと思います。

画像4

3.他責的にならないように注意!

本記事で一番お伝えしたいのは実はここかもしれません。

「残業が多い」と伝えた場合に、

  • なぜ残業が多いのか?
  • 環境を改善する努力をしたのか?

といったようにそこから話が広がっていく場合があります。

この面接官からふいに放たれた第2の矢が実は落とし穴になる可能性があります。

  • 上司が中々帰らないので、帰りづらいんです。
  • 部下の仕事が遅くて毎日残業に付き合わされるんです。

例えば上記のように答えたとしたら皆さんならどう感じるでしょうか?

  • どこか人のせい(他責)にしていないか?
  • 自分は受け身でその状況で何もしないのか?

このように感じるのではないでしょうか?それは面接官も同じです。

この「他責的である」というのは本当のところの不合格理由として非常に多いです。想像はつくと思います。

面接官は表情には出さないかもしれませんが、「他責性が強い」はその時点で不合格を決めるレベルです。

「咄嗟に聞かれたときにこそ本音が出る」

面接官は(良くも悪くも)そういう本音が出てくるのを待っています。

  • 残業が多い理由とそれに対して自分自身が改善を試みた事は何か?
  • 自分が出来る事は精一杯やったけど結果的に残業時間は減らなかった。

    →(面接官)「本人なりに色々努力もしたようだし、それならまぁやむを得ないか」

備えあれば患いなしです。このような流れで返答できるよう準備しておくことをお勧めします。

こうして原因を考えていくと、実は残業時間が長い事よりも上司との考え方の不一致が本当の不満の原因だったなんて事もあるかもしれません

なお退職理由が「上司との人間関係」の場合については別記事で書いています。よろしければご覧ください。

画像5

まとめ

退職理由が「残業時間が長い」の場合、以下の3つの点に留意しつつ回答内容を準備しましょう。

  1. 客観的に見ても長いと言えるか?
  2. 応募先も残業が多い場合は使えない
  3. 他責的にならないように注意 

そして面接官に「それならまぁ(退職も)仕方ないか」と受け取ってもらえる事を目指すのが妥当です。

後はこれまでのご経験の部分や人柄などその他の部分で積極的にアピールしましょう!

言いづらい事を言う時こそ自信を持った表情で。←ココ重要!

タカセ
タカセ

本記事は以上です。最後までお読みいただきありがとうございました!

本サイトは、転職活動がうまく行かず色々悩みを抱えている方向けに”ブログ記事での情報発信”及び””個別転職相談”を行っています。

以下は個別転職相談のご案内です。

私自身も転職では色々と失敗もしているので、こうした経験も踏まえ、少しでも読者様のお悩み解決の役に立ちたいと思っています。

転職相談はスキルマーケット「ココナラ」内のトークルームより承ります。トークルームはクローズドでセキュリティが確保された環境ですので、安心してご相談頂けます。

※ご利用に際しては「ココナラ」の会員登録が必要になります。

詳しくは下記をご覧下さい。

人事経験者が貴方の転職活動を戦略的にサポートします ~20代~40代可。テキストなので対面が苦手な方も安心です~

ご利用者様の転職成功に向けて一緒に精一杯考えますので、是非ご利用をお待ちしております!

当方プロフィールはこちら

タイトルとURLをコピーしました