【転職】社労士有資格者だが未経験で転職できるか!?

スポンサーリンク

私自身について

平成25年、35歳の時に社労士試験合格。

それまで企業の人事部門で新卒、中途採用、教育研修、人事評価制度など人事関係の仕事を中心に経験してきたが、社労士試験の範囲となる社会保険業務はほぼ未経験だった。

比較的小さい組織の総務であれば何でも幅広く経験できると思うが、私の場合「給与計算」「社会保険」などの労務業務は「ほぼ何も知らない状態」で試験を受験。

1度目は不合格、2度目の受験で合格した。

その後社労士事務所で給与計算・社会保険実務を3年程経験する。

(「社労士試験の学習方法」については本題の趣旨と異なるため別記事で掲載。よろしければご覧下さい。)

↓学習方法の記事へリンク

社労士未経験で就職できるか?

社労士試験は合格するまでに一般的に1,000時間程の学習時間が必要と言われている。

「それだけの時間と労力をかけてようやく社労士試験をパスしたが、実務未経験で社労士事務所や人事労務部門に就職できるのか?」

という疑問を持つ方は多いと思う。かくいう自分もそうだった。

当時実務未経験で社労士事務所に就職した私自身の個人的見解となるが、条件とタイミング次第で十分チャンスはあると先に言っておきたい。

社労士事務所の求人背景

社労士事務所は沢山あるが、人の出入りが割と多く常に人材不足であることが多い。

「リクナビNEXT」や「マイナビ転職」などの転職サイトやハローワークを見てみると常時沢山の求人が出ているのが分かると思う。
 
一方で常に人材不足であるがゆえに、「人は欲しい」が「教える手間を極力省きたい(すぐ辞めるか分からないし・・)」となりがちである。

社労士事務所は10人以内の少人数でやっている所が非常に多く、ギリギリの人数で業務を回している事が大半である。

前述の転職サイトの他、「ヒビコレジョブ」などの社労士専門転職サイトも存在するが、応募資格を見てみると大半が「経験者のみ」「経験者優遇」となっている。

比較的規模の大きい事務所などでは「トレーニー枠」なるものを設けて未経験者の募集を行っている所もあるが、

実際に事務所で働いてみると、「未経験者に人を割いてじっくり時間をかけて育成する余裕は全くない状態」なのがわかる。

「実務未経験者」の評価

社労士有資格者で実務未経験者の評価としては、独り立ちまである程度時間のかかる未経験者である。

資格と実務は別物である。社労士に限ったことではないが、資格があるからといってすぐに実務ができるわけではなく、逆に実務ができるからといって社労士試験に合格できるわけではない。

資格があることで「未経験者でもチャレンジできる権利を得た」ぐらいに考えておけば良いと思う。

未経験者であれば一通り仕事を覚えるのに仮に1年かかるとして、

経験者ならば(経験内容と年数にもよるが)、事務所独自のやり方や顧客のカラーに慣れるだけで3か月もあれば普通に独り立ちしているぐらいの感覚である。

⇒次ページ「未経験で事務所に就職する方法」

タイトルとURLをコピーしました