【TOEIC対策】目指せ800点!リスニング学習法

こんにちは。今回は、「TOEICのリスニング学習法」についての記事です。

私が英語の勉強を始めたのはかれこれ10年以上前ですが、最初に受けたTOEICは370点でした。知人に「TOEFLのスコアじゃないよね??」と言われる始末でした(笑)。

その後途切れながらも少しずつ勉強して、現在のTOEICスコアは最後に受けたのが2年前で775点です。

それ以降再び2年間放置。最近再び学習意欲が湧いてきて、1日最低1時間ぐらい英語を勉強しています。昨年の7月から始めてちょうど半年が過ぎました。今度こそ800点取るぞ!

そこで、今私が今取り組んでいて、とても効果を感じているリスニング学習方法をご紹介したいと思います。

現在TOEIC400~600点ぐらいの方で、リスニングの勉強が思うようにいかないと感じている方に参考になればと思います。

タカセ
タカセ

簡単に言ってしまうと「TOEIC公式問題集を使ったTOEICリスニング学習で効果を出すために、何を意識して、どのように学習しているか?」という内容です。

スポンサーリンク

リスニングが伸び悩む原因は何なのか?

画像

まず最初にリスニングが伸び悩む原因を考えてみます。おそらく同スコア帯の方なら同意できる部分も多いのではないかと思います。

ちなみに、以下は私自身も発展途上のためはっきり分からない部分なのですが、

「リスニングパートで450点以上取る人は、パート3・パート4の英文をどの程度理解しているのか?ほぼ完ぺきに聴きとれた上で設問も難なく解けているのか?」

(設問を解くだけなら、英文を全て詳細に聴き取れなくとも何とかなる場合も多い)

ちなみに私はリスニングは380~390点ぐらいです。私自身が英文を聴いている感覚としては、

  • TOEICのパート3、4の英文は非常におおまかだが、何を言っているかは分かる。
  • おおまかにでも話の内容が掴めて、問題の先読みなどをしてキーフレーズを掴んでおけば、設問にはある程度は対応できる(3問全て塗り絵にはならない)。
  • 逆に、英文を詳細には聞き取れていない箇所も結構沢山ある。
  • 構文が複雑になる、又はリンキングされると途端に置いていかれる場合がある。

完璧に聴き取れないのはもちろん、細かい箇所は結構おぼろげだったりするので多分リスニングとしては失格のレベルだと思います(2回聞くとだいたい分かるんですけどね(笑))。

ちなみにTOEICウェブサイトのレベル別評価の一覧表では、それぞれのスコアレンジ毎の強み・弱点について記述がありますが、こちらともだいたい合ってる感じがします(275~375点の所)。

おそらく、450点以上の方は英文はほぼ内容については詳細も含めて聴きとれていると推測します(一言一句までかはわかりませんが)。

この差こそがまさに私自身のリスニングにおける現在の課題だと思いますが、簡単に言うと以下の点でレベルが足りていないと推定しています。

  • 英語を英語のまま理解する(=日本語に訳そうとする)
  • 英文を戻り読みしている(=読むのが遅くなる)

これはスコアに関わらず、全ての英語学習者の方が少なからず感じている事だと思います。もちろん英語ネイティブではないので、これを完璧に克服するというのはまず不可能です。

しかし、少しでもこの「英語を英語のまま理解する」範囲を広げていくために効果がある学習こそが自分には今必要だと思っています。

「英語を英語のまま理解する」ために

画像2

「英語を英語のまま理解する」

これについて、私が以前英会話教室に通っていた時の先生が言っていた言葉で印象に残っている言葉がありました。

英会話講師
英会話講師

例えば、「Good Evening!」の意味は「こんばんは!」と誰でも直感的に理解できると思います。これを「良い夕方」とわざわざ訳す人はほとんどいないと思います。これが英語を英語のまま理解している状態です。

だとするならば、「Good evening」は一単語にすぎませんが、これをもう少し広げて、よく使う基本的な短文を同じように「日本語を介さずに理解できるようにする」練習をすれば良いというわけです。

私の学習方針

基本的な英語のフレーズを沢山インプットして自分のものにする事で、頭の中で日本語に訳す部分を少しでも減らしていく。そしてこのインプットの蓄積が結果的にリスニング力、リーディング力の底上げにつながる。

これを踏まえて、次ページでは具体的な学習法についてです。

タイトルとURLをコピーしました